MENU

胃腸内科

胃腸内科について

お腹の調子が悪い、便秘・下痢がちなど体質と思わず、どうぞご相談ください。当院では最新の内視鏡検査機器や超音波検査機器を用い、かつ鎮静剤を適切に使用し、苦痛の少ない胃・大腸内視鏡検査を行います。大腸ポリープ切除も日帰りで行っています。

人体内部を観察する目的で行う医療機器の内視鏡を用いて消化管内部の病変の有無をチェックします。これは一般的には胃カメラ、あるいは大腸カメラと呼ばれているもので、当院ではその両方を行っております。内視鏡による検査が決まりましたら、詳細な検査内容、検査前、検査後の注意点などをご説明いたします。なお当院では、検査を目的とした胃・大腸ドックのご案内もしており、胃と大腸の内視鏡検査を同時に受けることが可能です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

イメージ

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

胃カメラは正式には上部消化管内視鏡と呼ばれ、口もしくは鼻から内視鏡を挿入し、先端についている超小型のカメラで光を照らしながら食道、胃、十二指腸を撮影(観察)し、そのリアルタイムの映像はモニタを通して医師が確認します。これにより、胃粘膜などの炎症、潰瘍や腫瘍の有無、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査が行えます。

こんな症状がある方は、胃カメラ検査をお薦めします

  • みぞおちの周辺が痛む方
  • 胃の不快感・胸やけ・喉または胸のつかえ感がある方
  • 吐き気・嘔吐・吐血の症状がある方
  • 体重の急激な減少がある方
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍を繰り返している方
  • 胃がん・食道がんになった家族のいる方
  • 塩分を多くとる方 
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 大腸がんになった家族のいる方

など

胃カメラ検査で発見が可能な病気

  • 逆流性食道炎、胃炎(急性・慢性)
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸潰瘍
  • 食道がん
  • 食道ポリープ
  • 胃潰瘍、胃がん

など

苦痛に配慮した胃カメラ検査

胃カメラ検査には、内視鏡を口から挿入する経口内視鏡と鼻から挿入する経鼻内視鏡の2つがありますが、当院では患者様がお好みで選ぶことができます。鼻から挿入する場合は、舌の付け根に内視鏡が触れずにすむので、嘔吐感が少なくて済むという点と検査中でも医師とお話しすることができるというのが利点です。ただ、鼻の穴が小さい方や鼻に疾患があるという方に関しては、この検査は行えません。

なお、内視鏡を挿入する際に苦しいと感じる患者様につきましては検査の前に鎮静剤の注射を行いますので、ご希望の方は気兼ねすることなくご相談ください。これを使用するとウトウトしている状態での検査になりますので、ほぼ眠っている状態で受けることができます。当院ではできる限り苦痛に配慮した胃カメラ検査を行います。

胃カメラによる検査では、食道、胃、十二指腸などを観察し、医師が必要と判断した場合は、組織の採取も行います。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸カメラとも呼ばれる大腸内視鏡検査は、大腸(結腸と直腸)の内側と小腸の一部内側を観察するために行われるもので、直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるには最適な検査法です。検査を行うにあたっては、事前に下剤を服用して大腸をきれいにしておく必要があります。この前準備を行った後に内視鏡を肛門から挿入して検査を行います。検査では、直腸からS状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸と大腸全体を観察し、粘膜に生じた炎症や潰瘍、ポリープやがんの有無を調べます。

こんな症状がある方は、大腸カメラ検査をお薦めします。

  • 血便が出ている方
  • 便秘や下痢などの便通異常がみられる方
  • 腹痛、腹部膨満感がある方
  • 貧血を指摘されている方
  • 顔色が悪いと言われる方
  • 急激な体重の減少のある方
  • 便潜血反応で「陽性」と出た方
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験のある方

など

大腸カメラ検査で発見が可能な病気

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸憩室症
  • 虚血性腸炎

など

苦痛に配慮した大腸カメラ検査

検査の際は、内視鏡を肛門から逆流する形で挿入していくので、検査中に腹痛やハリを感じることがあります。そのためなるべく苦痛に配慮できますよう、当院ではご希望の方に鎮静剤を注射しますので、お気軽にお申し付けください。検査時は眠っているような状態で受けることができます。また、検査中や検査後にお腹の張りを訴える方も多いかと思いますが、当院はそのような症状を軽減させる炭酸ガス送気による検査になりますので、それらの心配はいりません。

必要があれば組織を採取し、場合によってはポリープの切除も行います。

検査で大腸ポリープが見つかった場合

大腸内視鏡検査中にポリープが見つかった場合、大きさや形状にもよりますが内視鏡を用いた日帰り切除手術も行っております。

ACCESS

たかはしファミリークリニック
〒350-0825埼玉県川越市月吉町24-1
tel.049-224-0101

tel.049-224-0101

診療科目:
内科、外科、胃腸内科、皮膚科、整形外科、消化器内科、肛門内科
アクセス:
東武東上線 川越市駅 徒歩約15分
西武新宿線 本川越駅 徒歩約16分
川越シャトルバス20系 月吉町バス停下車すぐ
東武バスウエスト05系 月吉町バス停から徒歩1分
9:00~13:00
15:00~18:00

休診:水曜、第2、4土曜、日曜、祝日